豚旨ラーメン うま屋

うま屋の魅力
チャレンジ応援してくれる!

事業本部 店舗統括チーム
小山 真史(46歳)
<2004年入社>

人に必要とされる仕事って嬉しい

以前は異業種で営業職をしていたのですが、人に必要とされる仕事をしたい、それを実感できる現場で働きたいという気持ちが日に日に強くなり、興味のあった飲食業界への転身を決めました。ちょうど30歳になる年で、より自分らしく働ける場所を探していたのだと思います。うま屋の複数店で勤務したあと、名東本通店で店長を務め、現在は本社で全店を管理する店舗統括チームに所属しています。アルバイト募集や店舗修繕、社員のシフト管理、労務などが主な仕事ですが、今も忙しい時には厨房やホールに入って、現場スタッフと共に働きます。

独立志望から本部職へ

うま屋のキャリアモデルとして、店長経験後は「のれん分けシステム」で独立してオーナーになるという道があります。私も店長になったばかりの頃は独立を目指していたのですが、社長に仕事の悩みを相談し、いろいろなアドバイスをもらううち、「自分もこんな人になりたい」と思うようになりました。大きな組織の中で幅広い経験を積み、重要な歯車のひとつになろう、そんな思いから、本部職の募集がかかった際に手を挙げました。様々なチャレンジを通して自分が活躍する未来をイメージできる、とてもやりがいのある仕事です。


目指す「自分の将来像」

その架け橋になりたい

目指す「自分の将来像」
その架け橋になりたい。

私たち社員の大きなモチベーションになっているのは「うま屋が好き」という想いです。私は本部職員という道を選びましたが、キャリアを重ね独立を目指す同世代の仲間たちは今日も各店舗で頑張っています。そんな多くの社員をFCオーナーとして送り出せるよう、時には厳しく、時には共に悩み、笑い、彼らの目標に寄り添って取り組んでいます。彼らの成長は私の成長へと繋がっていく、そう思っています。


就職希望者へのメッセージ
うま屋は、チャレンジを応援してくれる会社です。

私はこの会社に入って、自分の短所であるマイナス思考がプラス思考に変わり、長所になったと思います。できないことの言い訳を並べていた自分が、どうやったらできるようになるかを考え、動ける自分に変わっていたんです。与えられる仕事をこなすだけでなく、いろんなことに気づき、課題を見つけ、積極的に改善に取り組む。そんな上司や同僚、スタッフに囲まれた職場環境が、日々私に変化をもたらしてくれます。うま屋は向上心のある人、人と接することが好きな人はもちろん、チャレンジしたい人を全力で応援してくれる会社です。うま屋の未来を一緒に盛り上げてくれませんか?